メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

竜星戦 プロ2年11カ月の17歳・芝野虎、最速優勝

 囲碁の第26期竜星戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の決勝が31日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、芝野虎丸(しばのとらまる)三段(17)が余正麒(よせいき)七段(22)に黒番中押し勝ちし、初優勝した。プロ入りから2年11カ月で、全棋士が参加する棋戦で優勝したのは、2005年に本因坊文裕(ほんいんぼうも…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです