メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連合

神津会長の再任案を決定…役員推薦委

連合の神津里季生会長=宮武祐希撮影

 連合傘下の有力産業別労働組合の代表でつくる役員推薦委員会は1日、神津里季生(こうづ・りきお)会長(61)が留任し、逢見(おうみ)直人事務局長(63)を会長代行に、副会長で自動車総連会長の相原康伸氏(57)を事務局長に充てる案を決定した。8月の中央執行委員会で了承を得た上で、10月に開かれる定期大会で正式に選ばれる見通しだ。

 次期体制を巡っては、基幹労連出身の神津氏が1期2年で退任する意向を関係者に伝え、後任の会長には連合内最大組織「UAゼンセン」出身でナンバー2の逢見氏が就くのが既定路線とみられていた。しかし、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」導入を巡り、合意する方向で政府と事前交渉を進めた逢見氏に対して傘下労組が反発。合意を見送り、組織内の混乱収束を図るため、神津氏が続投する方向となっていた。【早川健人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]