iPS創薬

世界初の治験へ…京大、難病患者に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
iPSによる創薬のイメージ
iPSによる創薬のイメージ

 京都大iPS細胞研究所のチームは1日、筋肉や腱(けん)などの組織の中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」について、既存の免疫抑制剤「ラパマイシン」に進行を遅らせる効果があることをiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再現実験で発見したと発表した。FOPの治療薬として国の承認を受けるため、実際の患者に投与する「治験」を近く京都大医学部付属病院で始める。iPS細胞を活用した創薬での治験は世界初。【野口由紀】

 研究成果の論文が1日、ザ・ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(電子版)に公開された。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1288文字)

あわせて読みたい

注目の特集