メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島市

核禁止条約不参加、直接批判せず…平和宣言骨子

 広島市の松井一実市長は1日、広島原爆の日(8月6日)の平和記念式典で読み上げる「平和宣言」の骨子を発表した。日本政府に対し核保有国と非核保有国の橋渡しに本気で取り組み、7月に国連で採択された核兵器禁止条約の締結を各国に促すよう求める。ただし、条約に日本が不参加なことについて直接的な批判は盛り込まなかった。

 安倍晋三首相が2020年の改正憲法施行を目指す中、憲法前文を引用しながら平和主義の体現を求めた。核兵器についてはこれまでの宣言同様、「絶対悪」と断じ、「使用をほのめかす為政者がいる限り、いつ何時、遭遇するかもしれない」と警鐘を鳴らす。また市民の被爆体験談を引用して非人道性を訴え、「市民社会が既に核兵器が自国の安全保障にとって何の役にも立たないと知っている」として今年の行動理念「良心」「誠実」を提…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです