メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療研究

受精卵作製を審査 未成熟卵子を培養

 厚生労働省と文部科学省の合同審議会は31日、未成熟な卵子から受精卵を作製する不妊治療研究の審査を始めた。大阪市の民間クリニックが申請していた。国は生殖補助医療などに限ってヒトの受精卵を作ることを認める倫理指針を策定しており、この指針に沿った初の審査となる。

 申請されたのは、未成熟卵子を体外で培養して成熟させ、顕微授精する「体外成熟培養」という技術を改良するための研究。現行の技術では受精…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです