メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療研究

受精卵作製を審査 未成熟卵子を培養

 厚生労働省と文部科学省の合同審議会は31日、未成熟な卵子から受精卵を作製する不妊治療研究の審査を始めた。大阪市の民間クリニックが申請していた。国は生殖補助医療などに限ってヒトの受精卵を作ることを認める倫理指針を策定しており、この指針に沿った初の審査となる。

 申請されたのは、未成熟卵子を体外で培養して成熟させ、顕微授精する「体外成熟培養」という技術を改良するための研究。現行の技術では受精…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです