特集

九州北部豪雨

2017年7月、九州北部を中心に活発な前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、大規模な河川の氾濫、住宅や施設の孤立が相次いだ。

特集一覧

九州北部豪雨

復興へ、三連水車始動 福岡・朝倉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
土砂や流木が取り除かれ、再び動きだした三連水車=福岡県朝倉市で2017年8月2日午前8時42分、津村豊和撮影
土砂や流木が取り除かれ、再び動きだした三連水車=福岡県朝倉市で2017年8月2日午前8時42分、津村豊和撮影

 九州北部豪雨で大量の流木や土砂に覆われ停止していた福岡県朝倉市の国史跡の三連水車が2日朝、28日ぶりに動き始めた=写真・津村豊和撮影。実働する国内最古の水車で、230年近く地元の水田を潤してきた水車が再び動き出すと、人々から歓声や拍手がわいた。

 7月5日の豪雨で水路にたまった流木や土砂の撤去作業が…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文232文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集