メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/3 数学センス、時超えて

途中から傾斜がなぜか緩くなる「屈折のピラミッド」。角度が急に変わった「謎」を探るのも楽しい=エジプト北部ダハシュールで

 エジプト古代文明の象徴とも言える精巧な四角すいのピラミッド。数学的な美しさを体現し、築いた古代人の英知には圧倒される。一方、親近感がわくのがカイロ郊外ダハシュールにある「屈折のピラミッド」だ。ギザの大ピラミッドで有名なクフ王の父親で、紀元前2600年ごろの王スネフェルのもので、下部の傾斜は急だが、上部は急に緩くなっている。まるで「設計ミス」のような外観はどこかほほ笑ましい。

 「54度前後の傾斜角は、途中から43度前後になります。同時期に造った別の急傾斜のピラミッドが、ひび…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです