メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 女流・藤沢が絶好調=金沢盛栄

立葵杯で謝依旻女流棋聖(左)を破り、3冠目を獲得した藤沢里菜三段(右)=東京・市ヶ谷の日本棋院で6月23日、最上聡撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=による、再度の7冠同時制覇が現実味を帯びてきた。文裕は7月28日に打たれた名人戦リーグの対局に勝ち、最終戦を前に早々と挑戦を決めた。高尾紳路名人との七番勝負は8月30日に開幕。早ければ、第4局が決着する10月3日にも、再度の7冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖、十段)を達成する。

 文裕快進撃の陰に隠れ、あまり目立たないが、女流囲碁界がこの1年で大きく激動した。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです