メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

疑惑隠し改造はいけない=与良正男

 稲田朋美氏が防衛相を辞任したから一件落着--とはいかない。やれやれ。そんな当たり前の話を声を大にして言い続けなくてはならない状況だ。自民党が稲田氏の国会出席を拒否しているからだ。

 なぜ国会審議が必要か。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題に対する特別防衛監察結果があまりに不十分だったからだ。一連の組織的隠蔽(いんぺい)に稲田氏が関与していたのかどうか、あいまいだっただけではない。そもそもなぜ日報を隠そうとしたのか、きちんと検証されていないのだ。

 監察結果によれば昨年7月、最初に活動報告の情報公開請求があった際、不開示を決めたのは「部隊情報の保…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです