メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新婚サワコさんの世間のタシナミ

エッセー集「バブルノタシナミ」には愛すべき「ケチケチ」エピソードがいっぱい。「もったいない精神を親からたたき込まれて育ちました。ラップは洗って3回ぐらいは使います!」=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影

 元大学教授との結婚を5月に発表した作家でエッセイストの阿川佐和子さん(63)は、絶妙な受け答えで対談相手から魅力的なエピソードを引き出す。そんな彼女に、最新のエッセー集から結婚の話まで、恐る恐る迫ってみた。【小松やしほ】

 白のブラウス姿でさっそうと現れた阿川さん。用意された席につくと、テーブル上のスマートフォンを見て「こんなものに録音する時代になったんですか? へえー」。小首をかしげつつ、興味津々の目でつっと見つめられ、どぎまぎした。阿川さんのインタビューを受ける人は、この目に魅せられ、つい何でも話してしまうのだろう。いけない、いけない。今回はこちらが聞く側である。

 7月に結婚後初の著書となるエッセー集「バブルノタシナミ」(世界文化社)を出版した。「雑誌の編集者に…

この記事は有料記事です。

残り2272文字(全文2609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです