メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見

浅井敏博さんを悼む 2002年12月からエッセー113回 街づくりにかけた思い /岩手

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

 7月に66歳で死去した盛岡市の不動産カウンセラーで再開発コーディネーターの浅井敏博さんは、この欄を2002年12月から担当し、最後となった今年6月まで、エッセーは計113回を数えた。家族によると、締め切りが迫ると自宅でじっとパソコンに向かっていたという。掲載日にはいつもより早起きして新聞を取り、何度も何度も読み返すほど楽しみにしていたという。今回は、そんな過去の記事から主な言葉を抜き出し、浅井さんの街づくりにかけた思いを振り返った。【盛岡支局長・柿沼秀行】

 初回は02年12月11日付。見出しは「新幹線で変わる『まち』/固有の歴史 生かして」と付けられてい…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1546文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです