メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見

浅井敏博さんを悼む 2002年12月からエッセー113回 街づくりにかけた思い /岩手

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

 7月に66歳で死去した盛岡市の不動産カウンセラーで再開発コーディネーターの浅井敏博さんは、この欄を2002年12月から担当し、最後となった今年6月まで、エッセーは計113回を数えた。家族によると、締め切りが迫ると自宅でじっとパソコンに向かっていたという。掲載日にはいつもより早起きして新聞を取り、何度も何度も読み返すほど楽しみにしていたという。今回は、そんな過去の記事から主な言葉を抜き出し、浅井さんの街づくりにかけた思いを振り返った。【盛岡支局長・柿沼秀行】

 初回は02年12月11日付。見出しは「新幹線で変わる『まち』/固有の歴史 生かして」と付けられてい…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです