勝画楼

塩釜神社内の歴史的建造物 「格式重んじた武家の接客空間」 市が調査最終報告を発表 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 塩釜市の塩釜神社内にある江戸期の歴史的建造物「勝画楼」(同市宮町)について、市は1日、「格式を重んじた武家の接客空間」などと評価する建物調査の最終報告を発表した。市は今後、同神社側と無償譲渡の契約を交わし、文化財の指定や具体的な保存活用策の検討に入る予定。

 市が調査を委託した伝統建築研究所(本社・仙台市)などの報告書によると、勝画楼は(1)18世紀初めの享保年間以前の「法蓮寺」(塩釜神社の別当寺)の客殿(2)18世紀中期の仙台藩5代藩主・…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

ニュース特集