メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボンネットバス

ぎんれい号復活 ドラマ登場で注目 5日開幕、花笠まつりで運行 山形交通 /山形

ぎんれい号のペーパークラフトを手にする吉村美栄子知事=山形県庁で

 5日に開幕する山形花笠まつりに合わせ、山形交通(現ヤマコー)のボンネットバス「ぎんれい号」が復活する。定期路線からの引退後30年以上が過ぎているが、テレビドラマへの登場をきっかけに注目が集まった。全国に知られた祭りを盛り上げようとの粋な計らいで、昭和レトロのままに山形市内にお目見えする。【深尾昭寛】

 ヤマコーによると、正式な型式は「いすゞ自動車製TSD40型1967年式」(座席数18)。冬の雪深い…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです