メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボンネットバス

ぎんれい号復活 ドラマ登場で注目 5日開幕、花笠まつりで運行 山形交通 /山形

ぎんれい号のペーパークラフトを手にする吉村美栄子知事=山形県庁で

 5日に開幕する山形花笠まつりに合わせ、山形交通(現ヤマコー)のボンネットバス「ぎんれい号」が復活する。定期路線からの引退後30年以上が過ぎているが、テレビドラマへの登場をきっかけに注目が集まった。全国に知られた祭りを盛り上げようとの粋な計らいで、昭和レトロのままに山形市内にお目見えする。【深尾昭寛】

 ヤマコーによると、正式な型式は「いすゞ自動車製TSD40型1967年式」(座席数18)。冬の雪深い路線に対応するため、四輪駆動のトラックを改造した特別仕様車だった。同社には2台が在籍。1967~86年、国鉄新庄駅-肘折温泉間などを結んでいた。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです