伊崎の棹飛び

捨て身の願掛け 近江八幡 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
棹の先から湖面に身を投じる僧侶=近江八幡市白王町の延暦寺支院伊崎寺で、金子裕次郎撮影
棹の先から湖面に身を投じる僧侶=近江八幡市白王町の延暦寺支院伊崎寺で、金子裕次郎撮影

 近江八幡市白王町にある延暦寺支院伊崎寺で1日、琵琶湖に突き出された長さ約13メートルの棹(さお)の先から僧侶が湖面に身を投じる「伊崎の棹飛び」があった。自身の身を捨てることで人々の願いをかなえる「捨身(しゃしん)の行」とされる。今年は比叡山延暦寺(大津市)で百日回峰行を終えた28~44歳の僧侶12人が挑んだ。

 平安時代に始まり、約1100年の歴史があると伝えられる。棹は一片約30センチの角材で、先端は湖面からの高さが7メートルほど。僧侶たちは一人一人合掌しながら先端まで歩み出た後、目の前に広がる湖面に向かい次の一歩を。棹を見下ろす棹飛堂には約200人の参拝者が集まり、その姿を見守っていた。

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集