メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

求む!おもてなし人材 県内旅館、就活で奔走 /兵庫

合同企業説明会で設けられた県内旅館の特設スペースで説明を聞く就活生たち=大阪市北区で、井上元宏撮影

 バブル期(1980~90年代)並みの人手不足と言われる中、県内の旅館が接客などの人材確保に奔走している。有馬(神戸市北区)や城崎(豊岡市)などの温泉地はインバウンド(訪日外国人)も増えており、成長分野と期待する県も支援に乗り出している。課題は「残業が長そう」など重労働イメージの払拭だ。人手不足が深刻化する中、「変わらないと生き残れない」と、休暇の充実など働き方改革に取り組む旅館も。日本の「おもてなし」の担い手をどう育てるのか。現場を取材した。【井上元宏】

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです