メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

求む!おもてなし人材 県内旅館、就活で奔走 /兵庫

合同企業説明会で設けられた県内旅館の特設スペースで説明を聞く就活生たち=大阪市北区で、井上元宏撮影

 バブル期(1980~90年代)並みの人手不足と言われる中、県内の旅館が接客などの人材確保に奔走している。有馬(神戸市北区)や城崎(豊岡市)などの温泉地はインバウンド(訪日外国人)も増えており、成長分野と期待する県も支援に乗り出している。課題は「残業が長そう」など重労働イメージの払拭だ。人手不足が深刻化する中、「変わらないと生き残れない」と、休暇の充実など働き方改革に取り組む旅館も。日本の「おもてなし」の担い手をどう育てるのか。現場を取材した。【井上元宏】

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1698文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]