メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪駄

和装にもジーパンにも 近江上布とコラボ 三郷 /奈良

近江上布を使った現代風の新作雪駄を発表した「SANGO」と、滋賀県麻織物工業協同組合の関係者たち=滋賀県愛荘町愛知川で、西村浩一撮影

 三郷町特産の「雪駄(せった)」を現代のスタイルで製造販売する「DESIGN SETTA SANGO」(同町)が、滋賀県愛荘町の伝統の麻織物「近江上布」を生産する同県麻織物工業協同組合と協力し、麻布を使った新作の雪駄を制作した。愛荘町の近江上布伝統産業会館やインターネットで販売している。

 「SANGO」は雪駄の若手職人と三郷町の人気カフェのオーナーが2013年、伝統産業継承などを目的に「鼻緒のある履き物を現代の日常に取り戻そう」と設立。従来品よりデザインを現代風にし、柔らかでクッション性のある合成ゴムで底を作って歩きやすくした雪駄を制作してきた。ネット販売などで人気を集め、今年はイタリア・ミラノで毎年開かれる世界最大級の家具・雑貨の見本市「ミラノサローネ」の日本週間に…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです