メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者アート展覧会

久家さん、鉛筆画展示 松江であすから /島根

鉛筆画にこだわって描く久家さん=島根県出雲市のサポートセンターどりーむのアトリエで、山田英之撮影

 障害者の芸術活動を支援するNPO法人「サポートセンターどりーむ」(出雲市東福町)が松江市の一畑百貨店で3~10日に、障害者アートの展覧会を開く。NPOのアトリエに通う障害のある芸術家、久家茂樹さん(57)=出雲市=は鉛筆画の出展を予定している。

 久家さんは高校中退後、建設関係などの仕事をしていた。30歳のころ、精神障害があることが分かった。現在も通院し、薬で症状を抑えている。就職後、絵を描く…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです