メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
あわvoice

謙虚さ、県民目線を持つ 県政策監・福井広祐さん(62) /徳島

徳島県政策監の福井広祐さん=徳島県庁で、松山文音撮影

 「謙虚さと県民目線を持つこと。この初心に返ろう」。福井広祐・県政策監(62)は着任後、最初の庁議で職員たちにこう伝えた。7月8日付で政策監に就き、危機管理部、農林水産部、県民環境部を指揮する。

 1979年に入庁。食品の安全対策や動物、人の感染症対策などの公衆衛生分野の経験が長かった。牛海綿状脳症(BSE)、冷凍ウナギの産地偽装問題など、食品の安全・安心が危ぶまれる事案に対応してきた。

 2008年、県内の店頭に並ぶ中国製冷凍ギョーザの包装から殺虫剤「ジクロルボス」の成分が検出された。…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文628文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです