メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートを歩く

絵筆置き「星ヶ岡」創設=高知美術研究会・北泰子 /高知

 高知市横内にあるギャラリー「星ヶ岡アートヴィレッヂ」で、今年4月18日に亡くなったギャラリーのオーナー・平岡望さんの人柄を伝える展示、「平岡望Nozomu Hiraoka メモリアル展」が始まった。20日まで。5日(土)正午~午後9時には、「偲(しの)ぶ会」が行われる。

 23年間、高知のアートシーンを牽引(けんいん)してきた素晴らしいギャラリストであり、多くの芸術家に影響を与え続けてきた平岡さん。16歳の時に描いた作品や親しかった作家さんの作品、写真やビデオの映像で足跡を振り返る展示になっている。平岡さんや弟の平岡護さんとともに、開館当初から運営に携わってきた姪(めい)の武田千津さんに話を聞いた。

 平岡さんは1943年、9人兄弟姉妹の6番目として高知市に生まれる。59年追手前高校定時制に通ってい…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです