災害母子支援センターきずな

被災母子に宿泊所提供 朝倉にオープン 各種相談も「役に立てれば」 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 豪雨で被災した母子らに宿泊所などを提供する「朝倉市災害母子支援センターきずな」が1日、同市来春で休業中の松元産婦人科医院にオープンした。早速2組が入所し不便な避難所生活から解放され安らぎを取り戻した。

 「きずな」は保育士や助産師、元教師ら18人の運営スタッフで設立した。代表は大場敬子さんで、事務局を市議の大庭きみ子さんが担当。2階の9室が母子や女性ボランティアらの無料宿泊…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集