内閣改造

あす 不祥事失言恐れ「守り」 待機組や「お友達」回避 「第1次と相似」危機感

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍内閣の支持率が急落する中、安倍晋三首相は3日の内閣改造で「守り」の人事を強いられている。これまで入閣待機組を積極的に登用して求心力を高めてきたが、今回は閣僚経験者を手堅く要所に配するのではないかという見方が大勢だ。2007年参院選の惨敗を受けた第1次内閣の改造時と状況が似ており、首相は政権再浮揚へ「安定」と「人心一新」の両立に腐心している。【小山由宇】

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で「引き続き経済再生を最優先に、国民の安全と平和な暮らしに万全を期す。安倍政権の政策を前に進める内閣だ」と改造の狙いを説明した。首相は政権のバランスを崩さないよう内閣の骨格を維持する方針で、菅氏と麻生太郎副総理兼財務相を留任させる。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

ニュース特集