メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 外出自粛要請へ 新型コロナ
クローズアップ2017

小池都政、剛柔両様 知事就任1年 強引さ、都幹部と溝も

 2日で就任1年を迎えた東京都の小池百合子知事は、情報公開を改革の「一丁目一番地」と位置付け、会議や会合を原則公開して「都政の可視化」を進めてきた。一方で、強引なトップダウンで政策決定を図るなど、剛柔を織り交ぜた都政運営を見せる。7月の都議選では自身が率いた「都民ファーストの会」が圧勝。国政進出もうわさされる中、庁内や他党には2年目への不安や警戒感が広がる。

 「ガバナンスや責任感が欠如し、意思決定プロセスに不備がある」。小池氏は従来の都政をこう批判し続けてきた。念頭には、都議会自民党の一部議員と都職員との密室協議で運営されてきた「都政の歴史」がある。こうした慣習を「ブラックボックス」と皮肉った小池氏は、都政の可視化という分かりやすい形で都政改革を印象付けようとしてきた。

この記事は有料記事です。

残り1800文字(全文2139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです