メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「自殺大国」からの脱却

本橋豊氏

 日本の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は主要7カ国(G7)中、最多の18.5(2015年現在)だ。26年までに他国並みの13以下に下げることを目指す政府の「改正自殺総合対策大綱」が7月25日、閣議決定された。自殺対策基本法が06年10月に施行されてから間もなく11年。「自殺大国」から脱却するにはいま何が必要なのか。【聞き手・玉木達也】

この記事は有料記事です。

残り4375文字(全文4549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです