メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

核兵器禁止条約を取材して=國枝すみれ(ニューヨーク支局)

「核兵器禁止条約」が採択され、会場で喜ぶカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(前列中央)=7月7日、ニューヨークの国連本部で、共同

元軍人ら「抑止は幻想」

 ニューヨークの国連本部で7月7日、核兵器禁止条約が採択された。核兵器の非保有国代表団の間で固い握手が交わされ、非政府組織(NGO)が陣取る後部席からは歓喜の口笛が飛んだ。一方、米露などの核保有国は交渉会議への参加すら拒んだ。会場内の盛り上がりとは裏腹のこの落差に、核軍縮の難しさを見る思いがした。

 会議には市民社会を代表してNGOや学者も参加した。カナダ人の医者、ジョン・ルアー氏は「核が使用され…

この記事は有料記事です。

残り1837文字(全文2047文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです