メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビットコイン

主導権争いで分裂 取引方法巡り対立

 インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」が分裂した背景には、事業者間の主導権争いがあった。取引所は入出金を一時停止。混乱が長引けば信頼が損なわれる恐れがあり、ビットコインは本格普及へ試練に直面している。

 「最近は送金に時間がかかっている」。ビットコインの利用を始めて数年になるという男性はこぼす。銀行取引に比べて短時間で送金できるのが売りだったビットコインだが、流通量が爆発的に膨らみ、取引の処理はパンク寸前だ。

 業界関係者は処理能力を向上させる方法を模索している。技術者を中心とした主流派は従来のビットコインの…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1043文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]