社会保障費給付費

最高の114兆円 高額薬医療費増 15年度2.4%増

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立社会保障・人口問題研究所は1日、2015年度の年金や医療、介護などの社会保障給付費が前年度比2・4%増の114兆8596億円で過去最高を更新したと発表した。

 非常に高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」や「ソバルディ」の保険適用が認められたため医療費が膨らんだ。

 給付費は主に税や社会保険料で賄った社会保障関係の総費用で、国民の自…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集