メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『現代農業』 石川啓道・編集長

「現代農業」の石川啓道編集長=木村滋撮影

 (農山漁村文化協会・毎月1日発行、823円)

発見と工夫、農家が作る雑誌

 月刊「現代農業」は農業や農村の今を伝える総合実用誌。発行部数約20万部を誇る優良雑誌だ。コンセプトは「農家がつくる雑誌」。今春、編集長に就任したばかりの石川啓道さんが農家の強さについて語ってくれた。【井上志津】

 「現代農業」の前身は1922年創刊の「農政研究」。小作争議を議論するため組織された大日本農政学会の機関誌だった。その後、「農村文化」となり、敗戦の翌46年、復刊。60年、「現代農業」と名前を変えた。

 「コンセプトは『農家がつくる雑誌』。昔から変わりません」と石川さん。例えば、9月号で365回を数え…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです