メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『現代農業』 石川啓道・編集長

「現代農業」の石川啓道編集長=木村滋撮影

 (農山漁村文化協会・毎月1日発行、823円)

 月刊「現代農業」は農業や農村の今を伝える総合実用誌。発行部数約20万部を誇る優良雑誌だ。コンセプトは「農家がつくる雑誌」。今春、編集長に就任したばかりの石川啓道さんが農家の強さについて語ってくれた。【井上志津】

 「現代農業」の前身は1922年創刊の「農政研究」。小作争議を議論するため組織された大日本農政学会の機関誌だった。その後、「農村文化」となり、敗戦の翌46年、復刊。60年、「現代農業」と名前を変えた。

 「コンセプトは『農家がつくる雑誌』。昔から変わりません」と石川さん。例えば、9月号で365回を数える「漬け物お国めぐり」。「30年間も連載していたらネタがなくなるのではと思いますが、なくならない。それは、農家は工夫することが大好きだから。農家の発見や工夫する面白さを発表する場が本誌です」

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです