メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東ティモール首相

ASEAN、早期加盟に意欲

インタビューに応じる東ティモールのデアラウジョ首相=ディリで

 東ティモールのデアラウジョ首相(53)は、毎日新聞のインタビューに応じ、2002年の独立以降目指してきた東南アジア諸国連合(ASEAN)への加盟について「我々は準備ができている」と早期加盟に意欲を見せた。また、東ティモールが国連暫定統治を経てインドネシアから独立した歴史を振り返り、「我々には和解や平和構築の経験がある。人権や平和、民主主義を実現した経験を加盟国と共有したい」と述べ、小国でもASEANに貢献できると力説した。

 首都ディリで7月27日、会見に応じた。ASEANは今年が創設50年の節目に当たり、現在加盟する10カ国が東ティモールの加盟を全会一致で認めるかどうか注目されている。

この記事は有料記事です。

残り1433文字(全文1730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです