長崎

バンジージャンプ命綱が突然切れる 1人軽傷 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハウステンボスのバンジージャンプ=長崎県佐世保市で2015年10月28日撮影
ハウステンボスのバンジージャンプ=長崎県佐世保市で2015年10月28日撮影

大型リゾート施設・ハウステンボス

 1日午後5時25分ごろ、長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」の遊具のバンジージャンプで、福岡県古賀市の男性公務員(37)が20メートルの高さから飛び降りた際、体をつるす命綱のワイヤロープの部分が切れて地上に転落した。エアマット(高さ約1.7メートル)の上に落下し、はずんで地面に落ちて右肩を打撲する軽傷を負った。長崎県警早岐署が原因を調べている。

 同署によると、命綱はジャンプ台とつなぐ部分が金属製のワイヤロープで、途中はゴム製ロープになっており伸縮する。男性が飛び降りた後、命綱が縮んでいったん体が浮き上がった時にワイヤロープが切れた。男性は家族と一緒に遊びに来ていたという。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集