メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池都政1年

情報公開、築地、五輪…識者3人の採点は?

識者の小池都政1年の採点表(5点満点)

 東京都の小池百合子知事は2日で就任1年を迎えた。「東京大改革」を旗印に全国の注目を集め、高い支持を維持したまま2年目に突入する。改革の「一丁目一番地」と位置付けた情報公開の推進、築地市場の移転延期、2020年東京五輪・パラリンピックの3競技会場の見直しなど、この1年の「小池流都政」をどう評価するか。3人の識者に聞いた。

 情報公開については、おおむね高い評価を得た。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです