テレ朝系列

ビキニ事件に「フクシマ」 番組タイトル削除

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビ朝日本社ビル=本社ヘリから小出洋平撮影
テレビ朝日本社ビル=本社ヘリから小出洋平撮影

「水爆実験と同じ健康被害が福島県でも…」の批判寄せられ

 テレビ朝日系列が6日放送する特別番組「ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図」について「あたかも水爆実験と同じ健康被害が福島県でも起こるかのような表現だ」などの批判が寄せられ、テレビ朝日が1日夜、サブタイトルの「フクシマの未来予想図」を削除したことが分かった。ネット上でも批判が相次いでおり、同社広報部は「視聴者などから意見をいただく中、誤解が生じかねないと考え削除することにした」と釈明した。

 番組は報道ドキュメンタリー「ザ・スクープ」シリーズ。番組ホームページや取材を担当したキャスターの公式ブログによると、ビキニ環礁水爆実験(1954年)の影響で強制移住させられたマーシャル諸島の住民を取材。ブログでは「甲状腺がんや乳がんなど深刻な病気を患う島民が相次ぎ、女性は流産や死産が続いた」と健康被害も紹介している。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集