メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界陸上・注目選手紹介

ウサイン・ボルト「無敵のまま引退」有終の美に自信

記者会見後、両親とともに最新シューズを持って撮影に応じるボルト=ロンドン市内で2017年8月1日、小林悠太撮影

30歳・男子短距離=ジャマイカ

 男子100メートルと200メートルで五輪3連覇を果たしたレジェンドはラストランの舞台にロンドンを選んだ。1日に現地で記者会見を行い、「自分で引退を決断できるのは幸せなこと。無敵で、誰にも(連覇を)止められないまま引退する」と有終の美に自信を見せた。

 今季の前半は調子が上がらなかった。理由は、4月に友人で2008年北京五輪男子走り高跳び銀メダルのジャーメイン・メイソン(英国)が事故で亡くなったこと。「あれだけ親しい存在が亡くなるのは初めて。なかなか練習する気にならなかった」と振り返る。コーチも理解し、気持ちを切り替える時間をくれたという。

 調整が遅れ、6月の2レースはともに10秒0台と本調子ではなかったが「彼のために、彼の分も走りたい」…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文967文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです