メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食卓の一品えりすぐり

ごちそうイタリアン 鶏胸肉のソテー カプレーゼソース

 

    鶏胸肉のソテー カプレーゼソース

    淡泊な鶏胸肉を、ごちそうイタリアンに仕上げます。

     トマトとバジル、モッツァレラチーズの組み合わせはアンティパスト(前菜)の定番。ソースの量を半分にすれば、そのままサラダとしていただけます。

     イタリアンカラーが目にもおいしい。ヘルシーかつ食べごたえのある一品です。

    <主な材料>(2人分)鶏胸肉(皮なし)1枚▽A(塩小さじ1/2、コショウ少々)▽小麦粉適量▽トマト1個▽モッツァレラチーズ1個▽バジル適量▽B(バルサミコ酢・レモン汁各大さじ1、塩・コショウ各少々、オリーブ油大さじ11/2)▽オリーブ油大さじ1

    <作り方>

    (1)鶏胸肉は四つにそぎ切りし、Aで下味をつけて小麦粉を薄くまぶす。

    (2)トマトは横半分にしてくし形に切る。モッツァレラチーズは2センチ角に切る。

    (3)ボウルにBを合わせ、(2)を加えてあえる。

    (4)フライパンにオリーブ油を入れて(1)の鶏肉を中火で焼く。器に盛り、(3)のソースをかけてバジルの葉を散らす。

    [1人前455キロカロリー、塩分2.0グラム]


    ■レシピ提供

    田口成子(たぐち・せいこ) 料理研究家。料理学校の講師を経て独立。「おいしい」はもちろん「体調を整える」ための家庭料理を提案する。テレビや雑誌などで広く活躍するほか、日本の魚食文化を残すべく、「おさかなマイスター」としても活動する。著書も多く、近著に「世界一わかりやすい!料理の基本」(主婦の友社)「野菜で整える いちばんやさしい腸がきれいになる食べ方」(家の光協会)など。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー
    2. 富岡八幡宮死傷 超格差社会? 神社を巡る意外な事情
    3. 重過失致死 スマホ自転車、死亡事故 女子大生書類送検へ 神奈川県警
    4. 第90回選抜高校野球 21世紀枠候補46校出そろう
    5. 閣僚資産公開 最多は麻生氏 平均9259万円

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]