メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

『君の膵臓をたべたい』 ヒットの背景に共感 小説200万部、映画化 若者が支持

 人をぎょっとさせる題名の映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」。原作は単行本、文庫合わせ200万部超の住野よるさんのベストセラー小説で、投稿サイト「小説家になろう」発だ。10代、20代から熱烈な反応があった今どきのヒットの背景を、担当編集者や映画製作者らに聞いた。キーワードは共感、つながりだ。

   ■  ■

 双葉社でウェブ発作品を書籍化する部署の編集者、荒田英之さんが「キミスイ」を知ったきっかけは、担当作家からの紹介だった。「会話が軽妙で読みやすく、一行一行に破壊力がある。ホラーかというおどろおどろしいタイトルが、感動的な言葉になる。すぐに出版したいと思った」と振り返る。現在、ウェブ発作品で人気を集める主流は異世界に転生するなどといったファンタジーもの。「キミスイ」の10代男女の恋愛とも友情ともつか…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  3. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  4. 首相、お盆帰省「注意を」 緊急事態宣言「状況にない」 広島で会見

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです