メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

BS11「Anison Days」の番組担当、大和田智之さん 生演奏「ガンダム」も「けもフレ」も

大和田智之さん=丸山進撮影

 小中学生の時代は親の方針でテレビを見せてもらえず、日曜は親が起きる前から近所の家に入り浸ってアニメ番組を見ていたほど、根っからのアニメ好き。高校では、学校の図書館でアニメ誌を読みあさり、大学生の頃はCS放送のアニメ専門チャンネルを見続けた。アニメ業界を目指したが、就職活動がうまくいかず、玩具卸大手「ハピネット」のアルバイトから正社員に。2007年の開局に向け準備していたBS11がアニメに詳しい人材を探していると声を掛けられ、飛びついた。

 今年7月にスタートしたBS11の「Anison Days」(木曜午後11時)は、開局時からやりたかった歴代のアニメソングを流す番組。「BSは50歳以上の中高年層がターゲット。アニメの視聴者層は30~40代で、視聴者層を広げるのにちょうどいい」と一貫して会議で訴えてきた。さらに開局当初は週12枠だったアニメ枠が40枠まで増加。15年にスタートしたアニメ情報番組「アニゲー★イレブン!」(木曜午後11…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです