メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

遠野緑峰高校草花研究班長 菊池礼雄さん(17) /岩手

菊池礼雄さん

菊池礼雄(きくち・れお)さん

 「遠野に希望のあかりを」。県立遠野緑峰高校(遠野市)の生徒たちが研究する、地元特産のビールの原料・ホップの廃棄されるつるを使ったホップ和紙。これをさらに普及させようと、草花研究班の仲間9人と「スライド式ランプシェード」を開発した。市のふるさと納税返礼品に採用され、7月末から、遠野市土淵町の伝承園でも販売がスタートした。

 同市青笹町の実家でコメや野菜を生産。中学3年の時、緑峰高の先輩が年約200トンが廃棄されるホップの…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです