メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泉房穂・明石市長講演

/下 障害者に優しい町 スロープ設置助成 点字メニュー、筆談ボードも /群馬

 少子高齢化の中、人口が4年連続増え、「兵庫で独り勝ち」と胸を張る兵庫県明石市の泉房穂(いずみふさほ)市長(53)。7月10日に高崎市で開かれた講演会の模様を紹介する後編は、全国に類を見ない障害者施策について--。【鈴木敦子】

暮らしにくさ、原因は社会に

 「障害者が暮らしにくいのはなぜか」。泉市長の口調にぐっと力が入った。「『障害があるから』というのは一部です。例えば、段差があって車いすの人が入れないお店。問題は車いすではなく段差にある。階段を作る方が悪い。でも、お店はお金がもったいないから(段差解消を)やりません」

 多くの自治体は、ここで終わっているだろう。だが、明石市は違う。2016年に障害者への不当な差別的扱…

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1883文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです