メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LOVE&PEACE

被爆3世は歌う/3 津波に襲われたピアノ 修復の音、魂揺さぶる 傷痕、生き抜いた証し /埼玉

東日本大震災で津波をかぶりながらも修復されたグランドピアノを磨く鈴木由美さん。屋根や側板には大きな傷痕が残る=宮城県七ケ浜町の中央公民館で

 散乱するがれきの上に、黒いグランドピアノがぽつんと置かれていた。2011年3月11日の東日本大震災で津波に襲われた宮城県七ケ浜(しちがはま)町。広島市出身で被爆3世の女性シンガー・ソングライター、Metis(メティス)さん(33)=蓮田市=は同年4月、この場所を通り掛かり、ピアノに目を留めた。

 七ケ浜町は、仙台市や多賀城市の東側に突き出た半島状の地形で、津波の高さは最大で12・1メートルに達し、町の面積の4割近くが浸水。メティスさんは当時のマネジャーと避難所の支援に訪れていたが、自問していた。「音楽に携わる人間として何ができるのか」。その答えの一つが、ピアノの修復だった。

 被災者支援団体を通じ、持ち主は塩釜市のピアノ講師、鈴木由美さん(52)だったことが判明。ピアノはヤ…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1061文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです