メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
核のごみ

最終処分場容認、可能性は「ゼロ」 柏崎市長 /新潟

 柏崎市の桜井雅浩市長は2日の定例記者会見で、政府が公表した原発の使用済み燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の適地を示した「科学的特性マップ」で同市が適地の一つとされたことについて、「市は最終処分場を受け入れるつもりは毛頭ない」と述べた。

 最終処分場を受け入れる可能性について「ゼロ」と明言。選定に向けた最初の文献調査についても…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです