メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鯖江市地域活性化プランコンテスト

輝く「鯖江」市民の手で 「民間自立モデル」展開へ 参加者募集 /福井

第10回鯖江市地域活性化プランコンテストのボードを手にする竹部美樹さん=福井県鯖江市で、立野将弘撮影

「テトテ」オープンなど実現、NPO代表・竹部さん

 「市長をやりませんか?」とのキャッチコピーで注目を集める「鯖江市地域活性化プランコンテスト」(プラコン)が来月、第10回の開催を迎える。若者たちがプランを考え、これまでに眼鏡枠を1万6530個つなげるギネス記録挑戦や、JR鯖江駅2階に図書館とカフェ、ライブスタジオの機能を持たせた「tetote(テトテ)」のオープンなど、多くのプロジェクトが実現している。プラコンを仕掛けたNPO法人エル・コミュニティ代表の竹部美樹さん(38)にこれまでの歩みを聞いた。【立野将弘】

 10年前、竹部さんは東京から久しぶりに鯖江市中心部の実家に帰省した時、商店街の風景がくすんで見えた…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです