メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶち注目!やまぐち

市場“直結”防府のハモ加工場 三枚下ろしと「骨切り」機械化 鮮度抜群のまま出荷 /山口

新たに整備した加工場の機械でハモを三枚に下ろす従業員

特産ブランド、売り込み強化へ

 県産ハモの5割以上が水揚げされる防府市に、市場“直結”のハモ加工場が整備され、7月から本格稼働している。三枚下ろしとハモ料理に欠かせない「骨切り」を機械化して加工スピードを向上。鮮度抜群のまま切り身を冷凍・出荷でき、ハモ食文化が定着している関西地方からの注文が増えた他、近く関東への出荷も始まる。【脇山隆俊】

 県漁協によると、2016年の県のハモ水揚げ量は全国4位の155トンで、このうち54%を防府産が占める。加工場(176平方メートル)は、市新築地町の防府地方卸売市場と隣接する道の駅「潮彩市場防府」の一画に市などが整備し、機械は国の地方創生加速化交付金約1300万円を活用して導入した。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです