メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権

米通商法301条発動か 中国に制裁検討 メディア報道

 【ワシントン清水憲司】複数の米メディアは1日、トランプ政権が中国の「不公正な貿易慣行」に対する制裁措置を検討していると報じた。1980年代の日米貿易摩擦時に多用された米通商法301条を発動し、一方的な制裁に乗り出すことを検討しており、早ければ週内にも発表する可能性があるという。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプ政権は301条発動の検討を通じ、米企業が保有する知的財産権の保護の徹底のほか、米企業が中国に進出する際に技術移転を求められる状況の改善を中国政府に迫る狙いがあるという。ロス商務長官は1日付の同紙への寄稿で中国と欧州連合(EU)を名指しして「やっかいな非関税障壁を設けている」と批判していた。

 301条は74年制定の米通商法に盛り込まれた条項で、貿易相手国について米国が一方的に不公正な貿易慣行が行われているかどうか判断し、高関税の実施など制裁発動を可能にした。日米貿易摩擦では日本に市場開放など譲歩を迫る手段として使われたが、95年に発足した世界貿易機関(WTO)はこうした一方的措置を認めておらず、トランプ政権が制裁に踏み切れば、中国も対抗措置に出る可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです