メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 「イスラム国」はなくなっても

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

 中東のイラクからシリアにまたがる地域を占(せん)領(りょう)して国家を名乗った過激派は、支配地域を大きく減らしました。しかし、過激な考えを持つ勢力は、別の場所に拠(きょ)点(てん)を築こうとしています。力だけで抑(おさ)えることは無理なのです。

勝手に国家を名乗った過激派は消えても別の場所に現れます

 いまから3年前、中東のイラク第2の都市モスルを占領した過激派は、「イスラム国」(IS)を建国したと宣言しました。

 この過激派は、イラクから西(にし)隣(どなり)のシリアの広い範(はん)囲(い)を占領して、シリアの都市ラッカを首都だと宣言しました。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  2. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです