メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

1976年「1票の格差」最高裁判決 司法と立法の緊張関係

参院選の「1票の格差」を巡る2006年10月の最高裁判決後、越山康弁護士(右手前、故人)とともに最高裁前で取材に応じる山口邦明弁護士=東京都千代田区で2006年10月4日、川田雅浩撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 国会が作った法律について、最高裁は、憲法に違(い)反(はん)していないかどうか審(しん)査(さ)できます。憲法そのものが、最高裁に法律や規則などの憲法適合性をチェックする権限を委(ゆだ)ねているからです。立法(国会)と司法(最高裁)の緊(きん)張(ちょう)関係を典型的に示してきたのが、いわゆる「1票の格差」訴(そ)訟(しょう)です。

 日本の国会議員定数は現在、衆院475、参院242。議席は各選挙区に配分されますが、都市と地方の人口…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです