メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

日本版GPSで新サービス 誤差100分の1に/自動運転・ドローン応用へ

 スマホやカーナビでは、自分が地図のどこにいるか把握できるものの誤差はつきものだ。しかし、国が進める「日本版GPS(全地球測位システム)」で誤差はほぼ解消できるという。11日にはその人工衛星の一つが打ち上げられる。私たちの生活はどう変わるのか。【酒造唯】

 ●米国システム利用

 私たちの生活に欠かせないGPS。日本は民生面では「世界最大規模のGPS利用国」と言われる。だが、もともと米国が1978年に始めたシステムで、日本のものではない。83年に大韓航空機が誤って当時のソ連領空に入り、ソ連の戦闘機に撃墜される事件が発生したのを機に、米国が民間利用を認めて普及した経緯がある。

 米GPS衛星は全世界をカバーしているため常に日本上空にいるとは限らない。山やビルに遮られて電波をうまくキャッチできないこともある。米国依存のシステムのため、将来の国際情勢の変化などによっては日本の使用に影響が出ないとも限らない。このため、日本が独自システムとして開発を目指しているのが「みちびき」だ。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです