連載

鍛錬の夏

来年2月の平昌五輪開幕まで、8月9日であと半年になる。五輪シーズンに向けて、代表候補たちはどのような夏を過ごしているのか。鍛錬の現場を訪ねた。

連載一覧

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/1 スピードスケート 120キロペダルと格闘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナショナルチーム合宿で自転車トレーニングを行う男子選手=宮間俊樹撮影
ナショナルチーム合宿で自転車トレーニングを行う男子選手=宮間俊樹撮影

 来年2月の平昌五輪開幕まで、9日であと半年になる。五輪シーズンに向けて、代表候補たちはどのような夏を過ごしているのか。鍛錬の現場を訪ねた。

 豊かな自然を背景に自転車で約100キロを駆け抜ける。5月から6月にかけて北は北海道、南は宮崎県と各地で行ったスピードスケートのナショナルチーム(NT)強化合宿で、オランダ出身のヨハン・デビット・コーチは選手の成長を実感した。「筋力強化、スケートの技術。ほんの少し洗練させればメダルが見えてくる」。体調管理すらままならなかったトップ選手たちは、就任2年でようやく戦う集団になった。

 2015年の来日直後は「選手の体脂肪率が高く、好成績を挙げるイメージがわかなかった」とデビット・コーチ。骨格などから考える日本選手の理想は男子9~10%、女子20%未満だが、ほとんどの選手がオーバーしていた。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文909文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集