メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

受精卵の遺伝子「修復」 肥大型心筋症 米チーム

 生物の遺伝子を効率良く改変できる新技術「ゲノム編集」をヒトの受精卵に使い、遺伝性の心臓病を引き起こす遺伝子変異を高い効率で修復する実験に成功したと、米国などの研究チームが2日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。今回は子宮に戻していないが、将来技術が確立すれば遺伝性疾患が子孫に伝わるのを防げる可能性を示す内容。だが、限られた好条件での実験で、研究チームは臨床応用には社会的合意も必要としている。

 ゲノム編集でヒト受精卵の遺伝子を操作する研究は中国で3例の報告があるが、米国では初めて。改変された…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. WHO、「ゲーム障害」を新たに依存症として認定
  3. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  4. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山
  5. 珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです