メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今夕発足 安倍首相「初心に戻る」

衆議院議員宿舎を出る河野太郎氏=東京都港区で2017年8月3日午前8時43分、和田大典撮影

 第3次安倍第3次改造内閣は3日午後、発足する。安倍晋三首相は改造に先立ち、党本部であった臨時総務会で今回の内閣改造・自民党役員人事について「新たな布陣で安定した政治基盤を構築する。政権を奪還した2012年の初心に戻り、一致結束して前進したい」と説明した。内閣支持率が急落するなか、安定性を重視した布陣となる。

 首相は「安倍内閣、自民党に国民の厳しい目が注がれている。反省すべき点は反省し、新たな気持ちで結果を残して国民の信頼を勝ち得たい」と強調した。

 外相には河野太郎前行政改革担当相(54)、総務相には野田聖子元自民党総務会長(56)が就く。河野氏は自民党麻生派。知名度が高く、改造の目玉人事とする。野田氏は2015年の党総裁選で出馬を模索するなど首相と距離がある。野田氏の登用で「身内優先」との批判を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

 河野氏は3日朝、東京都内で記者団に「しっかり日本の未来を明るくするように頑張るのが大事だ」と抱負を述べた。

 「働き方改革」を担当する厚生労働相には自身に近い加藤勝信1億総活躍担当相(61)を充てる。経済再生担当相に茂木敏充自民党政調会長(61)を起用し、教育投資などを柱とする「人づくり革命」を担当させる。政権の重要課題に向けた態勢を整える。

 日露関係重視の立場からロシアとの経済協力を担当する世耕弘成経済産業相(54)は留任させる。学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題を担当する文部科学相には林芳正元農相(56)が就く。

 麻生太郎副総理兼財務相(76)、菅義偉官房長官(68)は留任する。法相の上川陽子氏(64)と防衛相の小野寺五典氏(57)は再登板となる。

 初入閣は農相の斎藤健氏(58)、環境相の中川雅治氏(70)、国家公安委員長の小此木八郎氏(52)、沖縄・北方担当相の江崎鉄磨氏(73)、1億総活躍担当相の松山政司氏(58)、地方創生担当相の梶山弘志氏(61)の6人。女性閣僚は野田氏と上川氏の2人となる。【朝日弘行】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ 宙づりコースター緊急停止 一時乗客30人動けず
  2. 北ア遭難 沢の水、チョコ食べ…74歳男性1週間ぶり救助
  3. ポール・アレン氏 フィリピン沖で米重巡洋艦発見
  4. 政治団体 日本「ファースト」どこへ 米国第一のコピペ?
  5. 神宮外苑花火大会 1万2000発の光にクレーン照らされ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]