メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委が立ち入り、優越的地位乱用の疑い

 委託業者に対して必要以上に機器を買い取ることを余儀なくさせた疑いが強まったとして、公正取引委員会は3日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで大阪ガス(大阪市中央区)の立ち入り検査に入った。

     関係者によると、同社は、契約先の開栓や保安検査などを行う委託業者に対し、ガスコンロや床暖房などガス関係の機器を必要以上に買い取ることの見返りとして、担当地域の維持を継続していた疑いが持たれている。委託業者は、担当地域を縮小されることを恐れ、買い取りに従っていたとみられる。

     同社は取材に対し、検査を受けていることを認めた。同社は近畿地方の都市ガス市場で圧倒的なシェアを持っている。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. 許さない 性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬
    4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
    5. 衆院選 「小池ファーストなだけ」 都民フ支持者そっぽ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]