メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委が立ち入り、優越的地位乱用の疑い

 委託業者に対して必要以上に機器を買い取ることを余儀なくさせた疑いが強まったとして、公正取引委員会は3日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで大阪ガス(大阪市中央区)の立ち入り検査に入った。

     関係者によると、同社は、契約先の開栓や保安検査などを行う委託業者に対し、ガスコンロや床暖房などガス関係の機器を必要以上に買い取ることの見返りとして、担当地域の維持を継続していた疑いが持たれている。委託業者は、担当地域を縮小されることを恐れ、買い取りに従っていたとみられる。

     同社は取材に対し、検査を受けていることを認めた。同社は近畿地方の都市ガス市場で圧倒的なシェアを持っている。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人種差別 「ナチス」旗でJ1応援 痛み想像する力の欠如
    2. 広島市安佐動物公園 マダニ感染でチーター死ぬ
    3. バルセロナテロ 夏のバカンス暗転 「次々宙に舞った」
    4. 巨人・山口俊投手 病院警備員への傷害容疑などで書類送検
    5. J1 ガンバ大阪のサポーターがナチス旗酷似の応援旗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]