メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ガス

公取委が立ち入り、優越的地位乱用の疑い

 委託業者に対して必要以上に機器を買い取ることを余儀なくさせた疑いが強まったとして、公正取引委員会は3日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで大阪ガス(大阪市中央区)の立ち入り検査に入った。

     関係者によると、同社は、契約先の開栓や保安検査などを行う委託業者に対し、ガスコンロや床暖房などガス関係の機器を必要以上に買い取ることの見返りとして、担当地域の維持を継続していた疑いが持たれている。委託業者は、担当地域を縮小されることを恐れ、買い取りに従っていたとみられる。

     同社は取材に対し、検査を受けていることを認めた。同社は近畿地方の都市ガス市場で圧倒的なシェアを持っている。【渡辺暢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]