メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲

納谷兄弟、高校総体で「王座奪還」へ 父は貴闘力

インターハイ制覇を目指す埼玉栄高で鍛錬する、納谷幸之介主将(右)と幸成の兄弟=2017年6月19日、上鵜瀬浄撮影

 大相撲の幕内優勝力士2代の遺伝子を引き継ぐ兄弟が、高校団体王座の奪還に挑む。4日に宮城県で開幕する全国高校総体の相撲で歴代最多9回の優勝を誇る埼玉栄高は、元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男納谷幸之介(3年)主将の下、団体で2年ぶりの優勝を目指す。二つ下には四男の幸成(こうせい、1年)もいる。兄弟は「相撲でも生活面でも、基礎を築いてくれた相撲部に恩返ししたい」と燃えている。【上鵜瀬浄】

 放課後の相撲道場。申し合いの稽古(けいこ)を終えた後、幸之介が重さ約150キロの大型トラックのタイヤを黙々と押した。その傍らで幸成が全身に汗をかきながら自転車型トレーニングマシンをこぐ。「自分に負けない稽古をする。そうするしかみんなを引っ張れない」と幸之介が言えば、幸成は「お兄ちゃんは人が見えないところでも努力している。自分も頑張らねば」。来年度以降は正規メンバーに入ろうと燃えている。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです