メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲

納谷兄弟、高校総体で「王座奪還」へ 父は貴闘力

インターハイ制覇を目指す埼玉栄高で鍛錬する、納谷幸之介主将(右)と幸成の兄弟=2017年6月19日、上鵜瀬浄撮影

 大相撲の幕内優勝力士2代の遺伝子を引き継ぐ兄弟が、高校団体王座の奪還に挑む。4日に宮城県で開幕する全国高校総体の相撲で歴代最多9回の優勝を誇る埼玉栄高は、元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男納谷幸之介(3年)主将の下、団体で2年ぶりの優勝を目指す。二つ下には四男の幸成(こうせい、1年)もいる。兄弟は「相撲でも生活面でも、基礎を築いてくれた相撲部に恩返ししたい」と燃えている。【上鵜瀬浄】

 放課後の相撲道場。申し合いの稽古(けいこ)を終えた後、幸之介が重さ約150キロの大型トラックのタイ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです